poco a poco

地球一周と中南米ひとり旅をして感じた旅のこと世界のこと。たまに野球とかいろいろ。

一眼レフで遊ぶ ”ホワイトバランス”



 最近一眼レフにはまってます。


今年の1月に買ってまだ10ヶ月しかたってない初心者ですが、

初心者なりにこれは必要だなって思ったこと。


それがホワイトバランス(WB)です。



ちなみに僕が使っているカメラはNIKONのD5300という機種。


IMG_7458


このカメラにした理由はいろいろあるけど、最終的には持ってみた感覚がよかったからこのカメラを買いました。



で、ホワイトバランスの話。



ホワイトバランスはとても簡単にいうと、撮った写真の色味を調整する機能です。


本来は光がなんちゃらかんちゃらみたいな難しい説明ですが、使う上では先ほどの説明で覚えておけばいいと思います。
 

では、実際にどう変わるのか。


 まずはこの2枚の写真を見てください。

オート

電球
 

色味がまったく違いますが設定で変えているのはホワイトバランスのみです。



ホワイトバランスはカメラの設定で簡単に変更できます。

IMG_7482

黄色くなっているところがホワイトバランス。

IMG_7481

ホワイトバランスには基本的にはオートになっていることが多いと思います。


オート


この写真はオートモードです。


電球


この写真が電球モード。

先ほどのホワイトバランス設定の写真のAUTOの隣の電球のマークです。

晴天日陰


この写真は晴天日陰モード。

先ほどのホワイトバランス設定の写真の下の段にある家のマークのものです。




電球モード:青っぽく冷たい感じの色味を出したいときに使う。

晴天日陰モード:赤っぽく暖かい感じの色味を出したいときに使う。




 とりあえず、これさえ覚えれば自分が撮りたい写真に近づけることができます。


最後にホワイトバランスのみを変えて撮った写真を6枚載せるので参考にしてください。


AOTO
オート

電球
電球

蛍光灯
蛍光灯

晴天
晴れ

曇天
曇り

晴天日陰
晴天日陰