poco a poco

地球一周と中南米ひとり旅をして感じた旅のこと世界のこと。たまに野球とかいろいろ。

バルセロナの魅力 ”サグラダファミリア”


僕の1番好きな街バルセロナ


バルセロナの中心はなんといってもサグラダファミリア


IMG_8857


バルセロナではサグラダファミリアよりも高い建物を建てるには市の許可がいるんだとか。



サグラダファミリアの歴史



まずはサグラダファミリアの歴史から。


2026年に完成予定のサグラダファミリア


なんと作り始めたのは1882年。


現時点で余裕で100年以上作り続けているんです。


実はサグラダファミリアの建築家として有名なアントニ・ガウディは2代目でした。


ガウディは「完璧な教会」を目指して一から設計し今の形になりました。


もし初代の建築家のままだったら今見ているサグラダファミリアがないと思うと不思議な感じ。


サグラダファミリアは”贖罪の教会”といいキリスト教徒からの寄付で財源をまかなっていたため、
お金がなかなか集まらず工事が進まなかった。


そんな中、1926年にガウディは他界してしまう。


ガウディは細かな設計図は残さずあるのはスケッチと模型などだけ。


ガウディはバルセロナの未来の建築士そして新しい科学や設計方法などにサグラダファミリアを託したのではないかと言われています。


世界遺産への登録は2005年で、まだ未完成のため「生誕のファザード」と「地下聖堂」のみ登録という形になっている。


2010年には聖堂の内部が完成し、教会と認定されるミサが執り行われた。


そして完成までに300年かかると言われていたが、

ガウディ没後100年の2026年に完成するとされています。



サグラダファミリアの見所


1,生誕のファザード

IMG_2877


細かい彫刻が特徴のファザード。

イエス・キリストが生まれるところから初めての説教までのストーリーが彫刻で表現されています。


なんとサグラダファミリアの主任彫刻家は日本人の外尾悦郎さんです。


なんか日本人が関わっていると思うと一気に親近感がわいてしまう...


2,受難のファザード

IMG_8950

 
生誕のファザードの裏側がこの受難のファザード。

イエス・キリストの死がテーマで最後の晩餐から死までが表現されている。


3,聖堂内部

IMG_2906


 
ものすごく高さの天井と大木のように伸びている柱。


中に入った瞬間に言葉を失ってしまうこの空間はまるで世界の中心にいるかのような気分になります。


IMG_2874


天井は殉教のシンボルでもあるシュロの葉をモチーフにしている。


IMG_2947


 そしてこのステンドグラスも圧巻で光の差し込む聖堂内部はとても神秘的です。



観光プチ情報 

○撮影スポット

サグラダファミリアをきれいに写真におさめたい。


そんなときにオススメの場所があるんです。


それがガウディ公園。

サグラダファミリアには建物を挟むように公園が2つあります。

そのうちの生誕のファザード側の池のある公園が写真を撮るベストスポットです。


そこから撮った写真がこれ。

IMG_8857


池の手前にベンチが並んでいてそこからの眺めは最高です。


○観光の時間帯

やっぱり朝一がベスト!

お昼頃になると観光客でたくさんになります。

特に多いのがツアーでくる団体。

そこに巻き込まれないためには午前中の観光です。


サグラダファミリアへの入場チケットは事前にネットで買うことができます。

サグラダファミリア入場券購入サイト(英語)


入場券は3ヶ月前から購入できます。

混雑緩和のためにチケットは時間ごとに制限されているので早めに購入することをオススメします。


時間は9:00から15分ごとになっていてできれば一番早い9:00に行ければゆっくりと観光できます。


僕は8:00すぎからガウディ公園のベンチに座ってサグラダファミリアを眺めていました。


お昼は近くのカフェのテラスでサグラダファミリアを眺めながらランチなんかも贅沢ですね。


○ライトアップ

サグラダファミリアは夜になるとライトアップされます。

IMG_2642


日中に見るよりも幻想的な姿も必見です。


○近くの観光スポット

 サグラダファミリアからガウディ通りという並木道を歩いていくともう一つの世界遺産に辿り着きます。


それが”サン・パウ病院

IMG_2861

この病院はモンタネールというガウディに講義をしたこともあるという建築家の作品です。


歩いてすぐのところにあるのでぜひ立ち寄って見てください。


またガウディ通りから見るサグラダファミリアもステキですよ。

IMG_2930




バルセロナの中心であるサグラダファミリア


サグラダファミリアを見るだけでもバルセロナに行く価値は十分にあります。



2026年に完成予定のサグラダファミリア



完成後はもちろん完成するまでにもまた訪れたくなる場所。


それがバルセロナサグラダ・ファミリアです。