poco a poco

地球一周と中南米ひとり旅をして感じた旅のこと世界のこと。たまに野球とかいろいろ。

まるで日本なマチュピチュ村


南米ペルーの観光地と言えばマチュピチュ遺跡。

f:id:k_zuma:20170425175229j:image

マチュピチュ遺跡は天空の遺跡として有名で人生で1度は行ってみたいという人も多いと思います。

 

このマチュピチュ遺跡の麓にあるのが「マチュピチュ村」です。

 

正式名称は「アグアス・カリエンテス」。

 

スペイン語で「アグアス」は”水”、「カリエンテス」は”熱い”という意味です。

 

この村の名前で勘がいい人はすぐわかると思うのですがマチュピチュ村は温泉のある村です。


そしてマチュピチュ遺跡へ行くシャトルバスが出ているのがこのマチュピチュ村です。

 

このマチュピチュ村はどこか日本の温泉街に来たような雰囲気の村です。

f:id:k_zuma:20170425175309j:image

 

f:id:k_zuma:20170425175323j:image
マチュピチュ村を散歩していると完全に日本だろっていうような風景にも出会います。

f:id:k_zuma:20170425175358j:image

 

なぜマチュピチュ村は日本の雰囲気を感じるのか。

 

それはこの村の誕生と発展にある日本人の方が関わっているからです。

 

そのかたの名前は野内与吉さんというかたです。

 

野内さんはクスコという街からこのマチュピチュ村への線路工事に関わり、

その後マチュピチュ村でホテルを開業しました。

 

野内さんはこのホテルの1階を無償で村に提供しました。

ホテルの1階には郵便局や交番など村に欠かせない施設がはいりました。

 

村の発展に大きく貢献した野内さんはマチュピチュ村の初代の村長になりました。

マチュピチュ村は村の形成や発展に野内さんという日本人の方の力が大きく関わっていて、

そのためどこか日本の雰囲気を感じる村となりました。

 

 

ちなみに南米ペルーらしいお土産屋さんやサッカーコートもありました。


f:id:k_zuma:20170425175424j:image

 

f:id:k_zuma:20170425175438j:image

 

日本とペルーを調和させたようなマチュピチュ村。

 

この村に日本人が関わっていることを意識しながら散歩していたらなにか新しい発見があるかもしれません。