poco a poco

地球一周と中南米ひとり旅をして感じた旅のこと世界のこと。たまに野球とかいろいろ。

メンドーサの次はチリのビーニャ・デル・マール



夕方にサルタから22時間のバス移動でメンドーサに到着。


メンドーサには泊まらずに再びチリに入るためにバスターミナルでチケット探し。

目的地はビーニャ・デル・マール。


会社の名前は忘れちゃったけど3社くらい直行でビーニャ・デル・マール行きのバスがありました。 


ビーニャへのバスは20:30発で400ペソ(3,000円くらい)


バスまで時間があったのでご飯を食べに行きました。

ラストアルゼンチン飯はもちろん肉。


IMG_1979


バスターミナルから10分くらい歩いたおしゃれな場所で食べました。

IMG_1980


お腹いっぱいになったとこでバスへ。

ちなみにメンドーサのバスターミナルはすごくキレイでトイレも無料で使えました。


時間通りに出発したバスは深夜の1:00ごろにイミグレに到着。


アルゼンチンの出国とチリの入国は同じ建物。

その後に荷物のチェックがあって生鮮食品などは回収されます。


カップラーメンを食べている人もいるくらい緩めのイミグレでした。


再び出発したバスは早朝6:00前にビーニャに到着。


そのまますぐに乗り合いのタクシーに乗って汐見荘という宿へ。


汐見荘はビーニャで有名な日本人宿で沈没宿としても有名です。


IMG_1984



汐見荘は名前の通り宿から海を眺めることができます。

日が落ちてくるとこんな感じ。

IMG_1992




そしてこの汐見荘が有名な理由。

それは美味しい海鮮を食べることができるから。


ということで帰国までの4日間海鮮祭りをしてました。


その様子はまた次で。