poco a poco

地球一周と中南米ひとり旅をして感じた旅のこと世界のこと。たまに野球とかいろいろ。

ペルーとボリビアの国境越え

現在ボリビアは2/23の夕方17:00ごろです。



ウユニに来て2日目。


ペルーのプーノからボリビアラパスまでの移動についての振り返りです。




プーノからラパスへ行くバスは数社あって、全て6:00,7:00 ,14:003便のみでした。



僕は前日プーノに到着したときに「TITICACA」という会社のチケットを 40ソレスで買いました。





朝のまだ暗い5:20にチェックアウトして歩いてターミナルへ。



MANCO CAPACからターミナルへは15分くらいで行けます。



ターミナルではターミナル使用料1.5ソル必要です。



バスは6:00に出発。



8:30に両替所に到着。


レートはそんなに悪くなくて1ソル2 ボリで両替してくれます。(1ソル=2.12ボリ)



9:00すぎにペルーとボリビアの国境に到着。



まずはペルーの出国。


そこからボリビアへ歩いて向かいます。



おなじみのペルーのマーク。






この門をくぐるとボリビアです。








バスの乗客全員がボリビアの入国しおわったのが9:45ごろ。


ちなみにボリビア側にあったトイレ。





それにペルーとボリビアは時差が+1時間あるのでバスが再び出発したのが 10:50ごろ。




コパカバーナに到着する直前に謎の2ボリ(1 ソル)徴収されました。



そして11:00すぎにコパカバーナ到着。




ここでバスの乗り換えと休憩があります。



再出発は13:30



それまでトゥルチャという魚のフライを食べました。






ご飯を食べて少し散歩して13:30に出発。




途中チチカカ湖を渡るためにいったん船を降りて小船で渡ります。





このとき船も船?みたいのに乗せてチチカカ湖を渡りました。


 



バスが湖を渡る光景はここでしか見れない?ので貴重な経験です。


再びバスに乗って出発。



ラパスまであと少しというところで、あきらかに迷っていたバスの運転手。



到着したらすぐウユニ行きのバスチケットを買う予定だったので心の中で「迷ってないでさくっと行ってくれ」って願ってました。



そんなこんなでラパスについたのは18:00すぎ。



ひとまずペルー、ボリビアの国境越えでした。