poco a poco

地球一周と中南米ひとり旅をして感じた旅のこと世界のこと。たまに野球とかいろいろ。

世界でも珍しい不思議なチチカカ湖。


南米ペルーとボリビアの国境には大きな湖があります。


その湖の名前は”チチカカ湖”。

f:id:k_zuma:20170425175520j:image

南米を旅しているとペルーのプーノという街とボリビアコパカバーナという街でこのチチカカ湖を眺めることができます。

ペルーからボリビアボリビアからペルーへ行くときにほとんどの旅人がこの2つの街に訪れる場所です。



なんとこのチチカカ湖のある場所は標高が約3,800mもあります。


日本で一番高い山の富士山の標高は3,776m。


つまりチチカカ湖は富士山より高い位置にある湖ということなのです。


 南米は標高が高い街が多く、ボリビアの首都ラパスは世界で一番標高の高い首都になっています。



このチチカカ湖は標高4,000m近い場所にあるというだけで日本人からしたら不思議な存在なのに、
あまり知られていないもう一つ珍しい特徴を持っています。 


それは世界でも珍しい「古代湖」であるということです。


古代湖とは10万年以上前から存在している湖のことです。


ちなみに10万年前の地球はホモ・サピエンスがアフリカから世界各地にひろがっていって時代らしいです。


通常、湖は数千年から数万年が寿命と言われているそうです。

なぜ湖に寿命があるのかというと河川から流れ込んでくる堆積物が長い時間をかけて蓄積して埋め立てられてしまうからなんだとか。

 

チチカカ湖を含む古代湖は世界でも20ヶ所ほどでしか確認されていないとても珍しい湖です。



f:id:k_zuma:20170425175546j:image



 標高4,000m弱。


そして10万年前から存在している古代湖


チチカカ湖は眺めていてその存在が不思議に感じるようなそんな湖です。



 

まるで日本なマチュピチュ村


南米ペルーの観光地と言えばマチュピチュ遺跡。

f:id:k_zuma:20170425175229j:image

マチュピチュ遺跡は天空の遺跡として有名で人生で1度は行ってみたいという人も多いと思います。

 

このマチュピチュ遺跡の麓にあるのが「マチュピチュ村」です。

 

正式名称は「アグアス・カリエンテス」。

 

スペイン語で「アグアス」は”水”、「カリエンテス」は”熱い”という意味です。

 

この村の名前で勘がいい人はすぐわかると思うのですがマチュピチュ村は温泉のある村です。


そしてマチュピチュ遺跡へ行くシャトルバスが出ているのがこのマチュピチュ村です。

 

このマチュピチュ村はどこか日本の温泉街に来たような雰囲気の村です。

f:id:k_zuma:20170425175309j:image

 

f:id:k_zuma:20170425175323j:image
マチュピチュ村を散歩していると完全に日本だろっていうような風景にも出会います。

f:id:k_zuma:20170425175358j:image

 

なぜマチュピチュ村は日本の雰囲気を感じるのか。

 

それはこの村の誕生と発展にある日本人の方が関わっているからです。

 

そのかたの名前は野内与吉さんというかたです。

 

野内さんはクスコという街からこのマチュピチュ村への線路工事に関わり、

その後マチュピチュ村でホテルを開業しました。

 

野内さんはこのホテルの1階を無償で村に提供しました。

ホテルの1階には郵便局や交番など村に欠かせない施設がはいりました。

 

村の発展に大きく貢献した野内さんはマチュピチュ村の初代の村長になりました。

マチュピチュ村は村の形成や発展に野内さんという日本人の方の力が大きく関わっていて、

そのためどこか日本の雰囲気を感じる村となりました。

 

 

ちなみに南米ペルーらしいお土産屋さんやサッカーコートもありました。


f:id:k_zuma:20170425175424j:image

 

f:id:k_zuma:20170425175438j:image

 

日本とペルーを調和させたようなマチュピチュ村。

 

この村に日本人が関わっていることを意識しながら散歩していたらなにか新しい発見があるかもしれません。

 

 

旅にもっていきたい本 ”アルケミスト”


 僕が旅にもっていきたい本。


IMG_8273
 
アルケミスト 夢を旅した少年」


昨年の世界一周にも持っていき、世界一周中に3回ほど読みました。



どんな物語かというと、

スペインを羊飼いとして旅している少年があることをキッカケにアフリカに渡り、

今のモロッコからエジプトのピラミッドを目指して旅をする物語です。



旅が題材になっている物語ですが、旅に限らず人生において大切なことがこの一冊に詰まっています。


ページ数も多くなくとても読みやすい本です。

そして、何回読んでも毎回違うことを考えるキッカケになる不思議な本です。



 

世界一周日記 ”ベリーズでマヤ文明のピラミッドに登る”


中米のカリブ海に面している小さな国ベリーズ

 
ベリーズといえばブルーホール。


グレート・ブルーホールはカリブ海に空いた巨大な穴!実際に潜る動画と共にご紹介! 


ですが僕はマヤの遺跡に行ってきました。


マヤ文明といえば2012年問題で有名になったあの文明です。


ベリーズにはいくつかマヤの遺跡があります。



僕が行ったのは、シュナントゥニッチ遺跡 。



IMG_9554


これがシュナントゥニッチ遺跡のメインでもあるエル・カスティーリョというピラミッド。


このピラミッドに登ることができます。


IMG_9577


こんな感じの階段がてっぺんまで続きます。

IMG_9565

これは頂上付近の模様?


シュナントゥニッチは”石の女”という意味らしいです。

この遺跡には全身白い衣装を着た女の幽霊が出てきて、

このエル・カスティーリョに登り壁の中に消えていくという逸話があります。



てっぺんからの景色はこんな感じです。

IMG_9568


この遺跡の周りはジャングルなので遠くまで見渡せてとても気持ちいいです。

IMG_9573


パノラマ。

このピラミッドはベリーズで2番目に高いとのこと。

1番目は知らないし、世界で何番目なのかも知りません。



ピラミッドといえばエジプトですが、中米にはたくさんのピラミッドがあります。

エジプトのピラミッドは登ることができないので、

ピラミッドの頂上まで登りたいという人にはオススメです。



ちなみにシュナントゥニッチ遺跡の後は近くの小学校で遊んできました。

IMG_9603

IMG_9616


IMG_9629


英語とスペイン語とマヤ語を喋る子どもたち。

どの言葉もまったくわからないけど楽しかった!

 

世界一周日記 ”カラフルで治安のいいメキシコのコズメル島”


突然ですがメキシコってどんなイメージがありますか?


僕はメキシコといえばテキーラコロナビール、麻薬、マフィア、陽気な国。

そんなイメージでした。



僕が世界一周でいったのはメキシコのカリブ海西部に位置している島です。


このコズメル島はイメージを覆すほど治安がよく、そしてとてもカラフルで素敵な島でした。



IMG_9673


これが街の商店街みたいなところ。

ゲートに書いてある「VILLA MAR」というのは「海の村」という意味。


日曜日だったこともあってお休みのお店もたくさん。


IMG_9446

IMG_9450

IMG_9445


IMG_9448




 オレンジ色や黄色の暖色系の建物が並んだ商店街。


ほとんどがお土産屋さんでイメージ通り明るくて陽気な人がたくさんいます。


IMG_9415


道路沿いの壁にはピースボーの船を書いて歓迎してくれました。


この写真は夜に撮ったものなんですが、暗くなっても街はとても安全。


小さな子どもたちも夜遅くまで外で遊んでいました。



メキシコなど中南米は治安が悪いというイメージがありますが、

場所によっては日本と同じくらい治安のいいところもあります。



このコズメル島も治安がよく人が明るくて陽気な場所なので、

メキシコに行かれる際はぜひ寄ってみてください。