読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

poco a poco

地球一周と中南米ひとり旅をして感じた旅のこと世界のこと。たまに野球とかいろいろ。

まるで日本なマチュピチュ村


南米ペルーの観光地と言えばマチュピチュ遺跡。

f:id:k_zuma:20170425175229j:image

マチュピチュ遺跡は天空の遺跡として有名で人生で1度は行ってみたいという人も多いと思います。

 

このマチュピチュ遺跡の麓にあるのが「マチュピチュ村」です。

 

正式名称は「アグアス・カリエンテス」。

 

スペイン語で「アグアス」は”水”、「カリエンテス」は”熱い”という意味です。

 

この村の名前で勘がいい人はすぐわかると思うのですがマチュピチュ村は温泉のある村です。


そしてマチュピチュ遺跡へ行くシャトルバスが出ているのがこのマチュピチュ村です。

 

このマチュピチュ村はどこか日本の温泉街に来たような雰囲気の村です。

f:id:k_zuma:20170425175309j:image

 

f:id:k_zuma:20170425175323j:image
マチュピチュ村を散歩していると完全に日本だろっていうような風景にも出会います。

f:id:k_zuma:20170425175358j:image

 

なぜマチュピチュ村は日本の雰囲気を感じるのか。

 

それはこの村の誕生と発展にある日本人の方が関わっているからです。

 

そのかたの名前は野内与吉さんというかたです。

 

野内さんはクスコという街からこのマチュピチュ村への線路工事に関わり、

その後マチュピチュ村でホテルを開業しました。

 

野内さんはこのホテルの1階を無償で村に提供しました。

ホテルの1階には郵便局や交番など村に欠かせない施設がはいりました。

 

村の発展に大きく貢献した野内さんはマチュピチュ村の初代の村長になりました。

マチュピチュ村は村の形成や発展に野内さんという日本人の方の力が大きく関わっていて、

そのためどこか日本の雰囲気を感じる村となりました。

 

 

ちなみに南米ペルーらしいお土産屋さんやサッカーコートもありました。


f:id:k_zuma:20170425175424j:image

 

f:id:k_zuma:20170425175438j:image

 

日本とペルーを調和させたようなマチュピチュ村。

 

この村に日本人が関わっていることを意識しながら散歩していたらなにか新しい発見があるかもしれません。

 

 

世界一忙しいアトランタ空港とハンバーガー。



 ついに3ヶ月の中南米ひとり旅も帰国の飛行機へ。


チリのサンティアゴから飛行機に乗ってまずはアメリカのアトランタへ。


アトランタにあるハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港。


この空港は発着数と利用者数で世界で一番忙しい空港とされています。


僕の乗ったデルタ航空ハブ空港でもあります。


飛行機を降りたらまず入国。

そしてそのままチェックインして出国手続き。


朝一に到着したこともあってそんなに混み合わずにスムーズに終わりました。


そしてアメリカに来たらお決まりのお菓子。


IMG_2055

ドリトスの”COOL RANCH"


ドリトスは世界中に売ってるけどこの味はアメリカ周辺にしか売っていなくて、
今回の旅では見かけなかったので待望のドリトス。


アトランタ空港はコンコースが7つあります。

僕のトランジットは5時間半あったのでとりあえず全てのコンコースに行ってみました。


コンコース間の移動は動く歩道か地下鉄。


途中朝日が昇ってきました。


IMG_2059


アメリカに来たらハンバーガーを食べたくてハンバーガー屋さんを探していたらいい感じのお店を見つけました。

IMG_2058


その名も「FIVE GUYS」


このお店はアメリカの東海岸で始まったハンバーガー屋さんで今やアメリカで有名なお店らしいです。


朝の10:00までは朝食メニューだったので10:00まで少し待ってご飯タイム。


ちなみにアトランタ空港はWi-Fiサクサクでした。


10:00をすぎたらまずはレジで注文。

チーズバーガーとポテトの小さいサイズを注文。

注文したら番号の書いてあるレシートをもらって少し待ちます。


IMG_2056



皆ものすごく楽しそうに仕事をしていてアメリカいいなーって思いました。


チーズバーガーとポテトがこれ。

IMG_2060


普通のチーズバーガーですがお肉が2枚入ってました。

味も肉汁たっぷりで絶品。

ポテトも写真に写っている紙コップに入っているやつ+それよりも多い量が紙袋に入ってます。

さすがアメリカっていうボリューム。


日本にあったら確実に行きたくなるハンバーガー屋さん。


コンコースCの40ゲートの近くにありました。


食べ終わったら国際線のコンコースFに移動して飛行機へ。


これで旅も終わり。


映画を見て寝て気づいたら成田に到着。


おにぎりを買って帰りました。

IMG_2062


久しぶりの日本は
トイレがめちゃくちゃキレイで、
スーツで歩いている人が多くて、
花粉がとんでいて、
別に何も変わらない街でした。


おわり。

 

ビーニャからサンティアゴの空港へ。



ビーニャも最終日。


いつも通り朝に市場に行って準備をしてお昼ご飯。

 IMG_2049

最後のご飯も海鮮。


汐見荘は12:00チェックアウトなんですが、
チェックアウト後もキッチンの使用ができます。


14:00すぎに宿を出て乗り合いタクシーでバスターミナルへ。


ビーニャからサンティアゴへの移動はバスで2時間ほど。


本数も多いとのことだったので事前にチケットは買わずに当日買いました。


15:00ちょっと前にバスターミナルに到着して15:30発のチケットを買いました。

値段は3,000ペソ。


レシートを見ると定価は10,000ペソだけど直前ということもあって値下げしてました。


IMG_2050


南米のバスは直前になると安くなることはよくあるけどここまでの値下げは初めて。


ビーニャからサンティアゴに移動するなら直前にバスチケットを買うのがオススメ。


バスは予定通り2時間でサンティアゴに到着。


そこから空港行きのバスに乗って15分くらいで空港に到着。


サンティアゴケチャップ強盗が多くて僕の友達も被害を受けてたので正直ビビっていたんですが何事もなく空港に着きました。


空港に着いたらとりあえずチェックイン。


なんと荷物が8,6kgに減ってました。

IMG_2051


出発のときに比べてマイナス2kg。

身軽になって帰国です。


最後はモアイさんに見送りしてもらってついに帰国。


IMG_2053


 
ひとまずアメリカのアトランタに向かいます。


 

アートの街バルパライソ散歩。


ビーニャでの海鮮祭り。


その間に隣町にあるバルパライソという街の観光をしてきました。


バルパライソはアートの街として世界遺産登録されている街です。


ビーニャの日本人宿汐見荘からはバスか電車で15分ほど。


バルパライソは落書きがアートになっている面白い街です。

IMG_2028


階段もカラフル。


IMG_2025


IMG_2027

猫も絵になる。

IMG_2026


カラフルなだけではなく教会の近くにはピアノの階段もあります。

IMG_2033




IMG_2034

IMG_2035

IMG_2038

IMG_2037


 
 本当にいろんなアートを見ることができるバルパライソの街並み。


観光客が多いですが治安も悪いみたいです。


聞いた話だと最近視察にきていた4人のユネスコの人が強盗に襲われたとか...


できるだけ複数人で行動して人気のない道には行かない方がいいと思います。


あと、青空美術館という場所があるんですがそこは落書きだらけでガッカリスポットでした。


 

地球の裏側チリで海鮮祭り



今回の旅で最後の宿泊する街ビーニャ・デル・マール。


ここにきてやることは海鮮を食べること。


ということで汐見荘に到着してすぐ市場に行きました。


汐見荘から市場までは歩いて30分くらい。


汐見荘を出ると海が見えます。

IMG_1981

海まで坂道を下ったらあとは海沿いの道を左手に歩いて行くだけ。

IMG_1982

朝から海沿いの道を歩いて市場に行く毎日。


すごくいい1日の始まりです。


市場につくと早速魚たち。

IMG_1983

IMG_2004


そして鳥とオットセイ?もたくさん。

IMG_1998

IMG_1997


魚はまるまる1匹で売ってたり切ってキロ単位で売っていたり。


買った魚はここで内蔵や頭を切り落としてくれます。

IMG_2048



魚を買うだけじゃなくて屋台もあって海鮮のエンパナーダが美味しかったです。

IMG_1973



帰りに宿の近くのスーパーでお米などを買って料理開始。


ちなみに醤油は汐見荘でアメリカ産のキッコーマンが購入できます。


ビーニャ初ご飯はサーモンアボカド丼。

IMG_1977

贅沢にウニものせてみました。


久々の海鮮はめちゃくちゃ美味しい。

サーモンはトロットロで気づいたら2杯めを食べてました。


夜は汐見荘の情報ノートにレシピが書いてあったボンゴレパスタ。

写真は撮り忘れました。



2日目は男6人で海鮮祭り。


お昼ご飯は焼き鮭とあさり入りの海鮮チャーハン。

IMG_2007


もちろん真っ昼間からビールで乾杯。


ビールは1,2リットルの瓶ビールが約100円で買えます。


夜はお刺身祭り。

IMG_2017


サーモン、マグロ、アジ、タコ、そして謎の白身魚


こんな贅沢な机の上を見るのは久々。

しかもこんだけあってビール込みで1人500円しないという激安さ。


次の日は月曜日で市場がお休みだったので前日の残りでご飯。


朝はショウガたっぷりのタコ飯。

IMG_2023


前日の魚の骨でとった出汁で炊いたので味が染みてて絶品。


お昼は出かけて夜は焼き鮭とマグロのお刺身。

IMG_2041


お刺身でも食べられるサーモンを焼いて食べる贅沢さ。


脂がのっていて美味しかったです。


次の日は最後の日。

最後もお刺身。

そして焼きマグロとアサリで出汁をとったお吸い物。

IMG_2049


本当に何を食べても美味しい。


毎日海鮮をお腹いっぱい食べれる幸せ。


皆で朝一で市場に行って買い物をして捌いて料理をしてビールと海鮮。


帰国前に楽しい日々を過ごせました。



ちなみに市場は9:00頃に行くと賑わっていて楽しかったです。